かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 奄美 8日目part2 | main | 奄美 9日目part2 >>

奄美 9日目

たつや旅館の各部屋にある「思い出日記帳」。
とうとう書く日が来てしまいました。

帰りの飛行機は夜7時発。それまでマサキさんに、北部を案内してもらえることになりました。まずはヒサコさんも一緒に、笠利(かさり)町でお昼ゴハンです。

道路に、小さな小さな、名前もない矢印だけの看板1つ。そこから車1台やっと通れる枝道を入って行くと、モンスーンという、オーシャンビューの喫茶店!
ほんとうに素晴らしい眺めです。お店の内装もこだわっていて、ここほんとに奄美なの?裏原宿とかでは?ていう位。いい雰囲気。また来たい!…と思っても、辿り着けるか自信ないですけど。

>2006/02/03追記:
>住所ようやくわかりました。笠利町須野506-2です。
>近々、行ってみます。

ここでヒサコさんとはお別れ。次は、忘れかけてた今回の旅のテーマ、「誕生日に桜が見たい!」
緋寒桜の名所、長雲峠(ながくもとうげ)です。
長雲には自然観察の森、という施設があって、山のてっぺんですごく寒かったけど、展望台から東シナ海と龍郷湾が見渡せる。

龍郷湾。晴れてたらなあ…

風強くて、ここで写真撮るのはけっこう命がけです。
園内には、昨日の金作原では散りかけてたサクラツツジが満開でした。

次は、奄美大島の名産。大島紬村へ。

着物に興味を持ってから、大島紬は憧れの存在です。今回の旅で、あちこち、「安く紹介できるよ」という声をかけていただいたけれど。
じつは最近まで、大島って伊豆大島かと思ってました…伊豆大島にも行ったことあるのに、です。着付けなんて浴衣でも怪しいかんじです。こんなレベルでは申し訳なくて、とても袖を通す訳にはいきません。

実際、工程を見てますます、あたしごときが着られるモノじゃないなぁーって感じがしました。

絹糸を一度織ります。模様にしたいところを糸1本ずつ、綿糸で括って染まらないようにする締機(しめばた)という作業です。それから、えー…全部ほどくの!?

糸に戻してから、「テーチ木で20回染めて、泥田で1回染める」×5回。
奄美の田んぼにはソテツ=蘇鉄の鉄分が溶け込んでいて、泥染めは、染料のなかのタンニンを泥田の鉄分と反応させて黒くするのと、泥のつぶで揉んで、繊維を柔らかく均一にするという目的があるのだそうです。
作業する人は、ずっと泥田に浸かって中腰。泥田にはハブも来るので、きつくて命がけなのです。

染め終えた糸を、もう一度織り直し。こんどは縦糸と横糸を、模様がぴったり合うように戻さないといけません。少しでもずれたら、針先を使って1本ずつ調整するのです。

大島紬の本物が、すごく高いのにも納得、と思いきや、作る人にはあんまりお金入ってないみたいです…時給にして200円程度、ってどういう事よ。

……part2に続きます
書いた人 靴屋 | comments(1) | trackbacks(0) |




コメント

 ねえねえ、奄美大島ってリピーターが多いらしいよ。
航空運賃がすっごく高いのに、リピーターなんて・・・。
そうそう、理由は靴屋さんがよく知ってるらしいよ。
1年で5回も行ったんだって。相当なお金持ちなのかな〜。
ちまき | 2005/05/20 2:16 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/25209
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link