かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 気がついたら、 | main | アマミセイシカ >>

シンボルロックvol.3&奄美エアギター大会vol.4

見てきましたとも〜!

ギンギラギンにさりげなく
クイーンコーラルのテーマ
六本木心中 etc.
ライブ開始前から、スネオブラジャース・ゆーきゃんセレクトの曲がツボでした。
出演バンドはスネブラ、重力鮫、泪橋。
なんだか高円寺にいるような気分に…懐かしいニオイ。
ん、高円寺のあたりって地方出身者が多いから、あれ?もしかして高円寺がココに似てる、が正解なのかな?
ゆーきゃんはドラえもんの鈴とポケットの描いてあるTシャツで登場!
うははー。
シマって、
全国区でメジャーな人は、なかなかライブに来てくれないけど、
シマ唄も、きっちり魅せてくれるバンドも身近で、
地元にいた時よりも充実してるかも。

さてさて、エアーギター大会。
冗談じゃなくて本当に第4回、
第3回覇者からエアートロフィー返還、なんて大っきなトロフィーなんだ…!
見えないけど。
ところどころ正統派がいるものの、
エアー漫談…エアーDJ…

ほとんどギターじゃないじゃん!
中でもあたしの一番は、全身白タイツにでっかいナイキマークを貼付け、
月光仮面にすら見える「エアーマックス」

汗…
体育座りのまま微動だにしません。
審査もこんなんで、

「只今もれなく、長脚立を買うと、高枝切りバサミがついてます」
「子供が生まれたら家出しよう」

司会はサーモンの衣装をまとったガーリック。
ぱつんぱつんのスーツも、ガリさんが着るとフツウです。

 ***つけたし
 シンボルロック、それは梅宮辰夫の唄のタイトル。
 「まったく、シンボルちゃん様々だぜぃ」
 検索してみたけど、すごい歌詞です。
 アンナパパにそんな過去があったとは…
書いた人 靴屋 | comments(2) | trackbacks(0) |




コメント

うはっー、行きたかったですー。
こういうことができる大人がいるって、
とてもステキなことですね。

確かにここってバンドやらのレベルが高いと思います。
普通このくらいの規模の地方都市に
こんなにいっぱい歌のうまい人や、
うまいバンドなんてないですよ。
芸達者な人が多くて、やはり唄のシマですね。
はま | 2006/04/11 12:14 PM

ほんと、うまいバンド多いですよね。
しかもみんなアマチュア志向っていうか、
いいぐあいに力抜けてて、ガツガツしてない感じが好きです。
靴屋 | 2006/04/12 12:50 AM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/81265
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link