かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 徳之島、日帰り | main | 初フリマ! >>

旧3月3日(サンガツサンチ)

今日は、本土でいうひなまつりの日…とはだいぶ違う、かも。
浜降れ(ハマオレ)または浜下りといって、
大きく潮の引いたリーフで潮干狩りをしたり、浜に一重一瓶さげて宴会したりとか…

海開き、と聞いて水着にシュノーケルセット持って大浜に行ったのですが、
どうやら空気を読み違えたようでした。
泳いでたのは、あたし1人。
今回ここまで海に入ってなかったので、わりと意地です。
気が済んだので、バスの通る道路までの長い坂道を登っていくと、キノボリトカゲ!イグアナの子供そっくりです。かわいい…

そして、見事に咲いてる紅い花。これもデイゴの仲間らしい。
これがこの年の、異常に多い台風の予言だったなんて…

坂の途中、後ろからクラクション。ぜんぜん知らない人でしたが、ヤンゴまで乗せてくれました。今回2度目のヒッチハイク。
(あの、シマの人に失礼かもしれないけれど、もしかしたら怖い人もいるかもしれないから、乗せてもらうときは自己責任で…お願いします。)

たつや旅館で預かってもらってた荷物を引いて、
恒例の「行ってきます」を言って名瀬を離れました。
空港の手前にあるリゾート「ばしゃ山村」の浜で午後から海開きパーティーがあるって聞いてて、一足先に行ったIちゃんSさんと合流。しかし、午後からってゆうのがガセだったのでした。とっくに終わってた。
でも、こっちはさすがにリゾートなので泳いでる人、いました。

2人が海からあがるの待って、歩いてすぐの夢紅(ゆめくれない)へ。
ここは1階が陶工房、2階が喫茶になってます。
パスタとそれから、手作りのデザートがおいしいですよ。

夢紅の裏はすぐ、浜。ガジュマルがいい雰囲気。

ゆっくりと、でも確実に帰りの飛行機の時間が…
Iちゃんはまだ奄美に滞在するので、ここでお別れです。今日一緒の飛行機に乗るSさんとあたしは空港へ。ばしゃ山の前でバスを待っていると、お客さんの送迎のついでに、といって、ばしゃ山の人が車に乗せてくれました。
…3度目。ありがたさまりょうた!


なんだか、知るほど好きになってしまうのです。
空港で「飛ぶなー!」念じて叶わなかったあたしはまた、次来る時の言い訳を考えるのでした。
だって、もともとの予定では、次は9月のお祭り。5ヶ月先なんて、待てないよ…

書いた人 靴屋 | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/49695
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link