かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< この日… | main | 旧3月3日(サンガツサンチ) >>

徳之島、日帰り

朝5:00たつや旅館前集合。メンバーは他に、シマ在住のマキちゃんとたつや泊のIちゃん。あとで思うと歩いてもいいような距離だったのだけれど、タクシーで名瀬新港まで。

フェリーは片道2700円、5:50出発で9:10に徳之島到着予定。
1人1枚、まっすぐ寝れる大きさのマットと毛布、
それから四角い枕を確保して、熟睡です。
シマの夢いろいろ見たな…正夢も見たな…
(この日記は、2005年9月に、思い出して書いてます)
徳之島でレンタカーを借りて(マキちゃん運転)、大ざっぱに計画を立てます。
右回りか左回りか、とか…
市街地の中のダイマルスーパーでお惣菜を買って、富山丸の慰霊碑のある公園で朝ゴハン。
徳之島は闘牛のシマなんですが、闘牛がないときは、あんまり人がいないみたいで…
一周する間に見かけたのは中学生とか、ほんの数人。
どこも、すっごいじっくり見れましたよ。

ナスカの地上絵みたいな線画が彫られている、大きな石(ノロの祭祀と関係があるのだそうです)とか、力石、按司(あじ)墓…雰囲気のある場所が続きます。
犬の門蓋(いんのじょうぶた)は、昔、飢饉の時に、人に危害を加えた犬を投げ込んだ…う、そんな場所。隆起サンゴが浸食されて、すんごいトゲトゲしてるのが、はるか下に見えます、あー…

アーチ状になってる岩の間から海が見えたりとか、ちょうど見頃だったユリとか、すっごい絶景な場所なんですけど。うー。


あしたは旧三月三日の節句の日。この数日の大潮は、1年のなかでも潮の干満差が大きいのだそうで、宮古島の北では、幻の陸、八重干瀬(やえびし)が現れる時期。宮古に限らずどこのシマでも、大きく現れたリーフで潮干狩りをするみたいで、徳之島でも、はるか遠くまで歩いて行ってる人を見ました。何が採れるのかな…

ほかに、ソテツの群生してるとこを通り抜けたりとか、

ガジュマルに囲まれた広場があったりとか(何か、祭祀をするところなのかな、独特の空気があったので入ってません)…

戦艦大和の慰霊塔も朽ちかけていて、そして人がいなくて…
一人で来なくてよかった。なんとなく。


夕方のフェリーで名瀬に戻りました。ついたのは10時頃かな。
なんにも計画たてて来なかったくせに、充実した旅、だ。
あしたはもう、帰るんだなー。

……旧3月3日(サンガツサンチ)に続きます
書いた人 靴屋 | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/46073
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link