かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 奄美 6日目 | main | 奄美 7日目part2 >>

奄美 7日目

ここに来てから度々、宿のお客さんに、SWITCHを見せていました。元ちとせさんが地元で取材されている雑誌です。
足がないけれど、なんとか行ってみたい、という話を熱く語っていたような気がします…

ともに一人旅の男性、KさんとSさんが影響されて、昨日、レンタカー相乗りして行って来たとの事。
その集落にも藍染め工房があり、その人達は、あたしがそこに行ったと勘違いして「中にいるのかな?」と思っていたそうなのです。
2人とも、その集落の風景、特に小学校がすごく気にいったようでした。

「キレイな場所を教えてもらったのに、本人が見てないなんて」
と、今日、Kさんに連れてってもらえることになったのです。
たつや旅館の奇跡!
瀬戸内町嘉徳(せとうちちょう、かどく)。
南部の港町、古仁屋から1日2便のバスが出ているだけ。国道から、かなり下った場所にありました。
1/2?????ss=
集落入口
2?eХ1?
バス停

バス停から山のほうへ。住宅を抜けると、小学校がありました。
集落全体で1軒の家のような雰囲気です。ごめんなさい、少しだけお邪魔します。

公園ぐらいの広さの小さな学校。すぐ後に山が迫っている。校庭には大きな木があって、お父さんの腕にぶらさがって遊ぶみたいに、遊具が付けられています。

山と木の間で、抱きしめられている感じ。
校庭一面にやわらかい、低い草が生えていて、霧雨のしずくが光ってる。晴れていたら、寝転がってしまってたかも…気持ちよさそうでした。

右側に校舎、左の奥にはいくつか卒業記念の植樹がありました。ソテツの植樹なんて島らしいなあ…
2?~(R)1》1/4? class=

¥1/2¥??λ¥
名前、読めますか?

……part2に続きます
書いた人 靴屋 | comments(1) | trackbacks(0) |




コメント

 ねえねえ、奄美の地名って、ほとんど当て字なんだって。e.g. 新小勝(あらんがち)、御殿浜(うどんばま)、城(ぐすく)、有良(あった、現在ありら)、瀬留(するぶ、現在せどめ)、朝仁(あさん、現在あさに)etc. 漢字自体の意味は無いんだって。北海道と似ているね。
ちまき | 2005/05/20 1:55 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/23689
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link