かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 奄美市誕生 | main | マテリヤの滝 >>

はじめての湯湾岳!

ようやく山のかみさまからお許しがでたのか、
今日。はじめて湯湾岳に登りました。
7合目の広場には、繁殖期のためか、なかなか逃げないルリカケス。

しかし、カメラ限界…
ここから登山道を歩くコースもあるけれど、今日は9合目から。
お清めをしてから、予想外にキレイに整備された遊歩道を登りました。

琉球列島で一番高い、湯湾岳の山頂。
アマミコさま降臨の碑、真言宗のお堂(山伏によるものらしい)、それからユタ神さまの信仰による、ほこらがありました。
地面には、お香をたいた跡が残っています。

山頂、とはいっても、草木に覆われて景色は見えません。
平成になってから建てられたやぐらに登らなくてはいけませんが、
高所恐怖症&神さまを見下ろすのに気が引けたのでパス。
せっかく行ったのにもったいない、ですか?
書いた人 靴屋 | comments(2) | trackbacks(0) |




コメント

久々にカキコします。
今の湯湾岳はこんなふうになっているんですね^^
大分、前に行ったきり。。
今度行ってみよう。

コショマヤ | 2006/03/24 11:57 PM

コショマヤさんお久しぶりです!
山登りがダメで今まで敬遠してたんですけど、
高知山展望台よりも登りやすかったです。
想像してたのと、いろいろだいぶ違いました。

この遊歩道、雨の日はかなり滑りそうです。
紙ヤスリみたいな滑り止めが貼ってありました。
靴屋 | 2006/03/25 9:14 AM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/79029
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link