かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< ありがとう、の報告に | main | やぎ「みるく」と「のむヨーグルト」 >>

沖縄観光?

午後からホエールウォッチングを予約してたのだけど、大時化で中止になったので、久しぶりに首里に行ってみました。といっても城の前を通り過ぎて、目当ては山城まんじゅう。
10年も前に行ったきり、しかもガイドブック持ってないので、またまた「確か山川…」
けどちゃんと着きます。すっごいなー。すごいけど、シャッター閉まってるよー。あれれ…
大福の薄いのみたいなのをサネンの葉でくるんで蒸してある、餅だけどまんじゅう、が食べれるはずだったのですが…

首里の池でカメがプカプカしてて、なごんだから、いっか。

モノレールの首里駅で降りたので、同じ道を戻るのもつまんないのでテキトーに横道を下ったら、儀保駅に出ました。
途中、どっかの家から三線の音。やっぱり奄美とはだいぶ家並みも違うなあ。
そして鼻がグズグズ、目がウルウルしてきたんですけど、これって花粉症…だ。

モノレールを牧志で降りて、国際通りを歩きます。
なんか都会度が増してるような。スタバもタリーズも大戸屋まで!いつの間にできたんだろう…ひさしぶりの繁華街にクラクラしてきました。
いつも行く三越向かいの「街角」で沖縄そばを食べ、お腹いっぱい。
ええ10年前は更にタコス屋とかエンダーもハシゴしてましたとも。今はムリです。すこしかなしい。

前は夢中になって何往復もしてた1マイル。お土産やさんも1軒ずつ回って…あたしが飽きたのか、街が変わってしまったのか、なんだか本当に「お腹いっぱい」。
そんな中で、以前よく行ってた、建物の2階にあったガラス製品のお店が1階に移ってて、じゃあ2階はどうなってるのーって覗いたのがMAXというお店。
東京からではなく、ココから流行を発信していきたい、というようなコンセプトで、琉球諸島在住の作家の服や小物を販売していました。海の塩の入ったお守りみたいなストラップ、みんさー織りを使った革財布、ヤギ革のブレスレット(思わずくんくんしちゃいました)…これから、あたしのやりたいと思ってることのヒントになりそうです。

ところで、ここの店員さんに「観光ですか?」と訪ねられて…うまく答えられませんでした。
何だろう?もうここは近所のような気がするよ。
書いた人 靴屋 | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/75330
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link