かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 来々夏ハウス | main | て、天気が >>

トラックの荷台に揺られて。

朝ゴハンもしっかり食べ。
ぬーでぃ、かーでぃ、こえてぃ…ふとるよなー。
カケロマドットコムの寺本さんに案内されて、トラックの荷台に乗り込みます。
ふつうの車じゃ行けないんだって。
ど、どんな道行くんだろ。

舗装された道から、枝道へ。
いきなり20度くらいありそうな、じゃりじゃりの急坂。お、おおおおお…
左右の木にかかってる女郎蜘蛛の巣や、飛んでる虫などをしゃがんでよけながらも、
立ち乗りで見る景色は最高!
手を離したら、命の保証はなさそうだけどね。
明け方まで土砂降りだったのが嘘みたいに晴れて、林道を抜けたところに現れたのは、手つかずの浜!
ここからはトラックを降りて、登っていきます。
こっちは外海↓


左右どっちも海、の道。なんてぜいたくなんだろ…

バブルのころ、ここは別荘地として売りに出されていたようで、
道の終わり、岬の先端には整地されたヘリポートがありました。
売れなくてよかった。
ほんとによかった。
こんな景色があるなんて。
あたしが英語圏の人間でなくても、クレイジー、とか呟いちゃうよ。
書いた人 靴屋 | comments(1) | trackbacks(0) |




コメント

秋向をご案内するときは、こちらも胸が躍ります。
来て下さってありがとー!
何でもあり | 2005/10/31 1:22 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/57021
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link