かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 婚活成功? | main | 鎌倉・江ノ島フリーきっぷ >>

手作りのほうき


アースデイでお隣だった、ほうき屋さん。
やっぱり買っちゃいました。

だって見てください、こんなに美しい道具!お店のもの全部買い占めて、壁一面に飾りたくなるほど、どれにしようか迷って…

この2つ、実は用途が違います。

左は小さな束が5本合わさっています。
昔は職人さんの賃金が、1束いくらだったそうで、
どれだけ細かくできるか、競い合って磨かれた技術だそうです。
束がしっかりしているので、洋服のブラシ掛けや、テーブルクロスを払うのに向いています。

右も、原料のホウキモロコシは同じ位の量だと思いますが、
放射状に広げてあって、当たりが柔らか。
パンくずやパソコンのキーボードなど、そっと払いたいものに向いてます。

そういえば、
ほうきには魔除けの意味もありました。
島の某ご家庭では、あまりに毎晩、ご主人を訪ねてお客さんが来るので、
たまりかねた奥さんが、玄関にほうきを逆さにして立てた事があったそうです。
なるほど、そういう風に使うのね

小ちゃいストラップもありましたが、それでももちろん、薬味をちょいちょいするのとかに使えます。

この中津箒は、神奈川県愛甲郡愛川町中津の伝統技術。実家と同じ神奈川県なのに、全然知りませんでした。

博物館もあるそうです。いつか行ってみたい。



(株)まちづくり山上
http://www.shimingura-tsuneemon.biz/


書いた人 靴屋 | comments(4) | trackbacks(0) |




コメント

フェルトといい、ほうきといい、手作りには見えない、素敵な作品ですね!!
アースデイ、行ってみたかったなー・・・。

ほうきによる魔除けのおまじないは本土でも聞いたことがあります。サザエさんでも。。。(笑)

ケーキ屋 | 2009/04/20 12:24 AM

〉ケーキ屋さん

アースデイ東京、初めてだったけど、面白かったです。

みんな思いがあって出展している団体ばかり。

代々木公園だけじゃなくて、あちこちで色々なイベントが開催されているみたいですので、機会があれば、ぜひ。
| 2009/04/22 11:09 PM

[この中津箒は、神奈川県愛甲郡愛川町中津の伝統技術。]

マジすかっ!? 奇遇っ!
僕は生まれも育ちもまさにそこなんですけど、全く知りませんでした。

ビックリしましたぁ。



telapin | 2009/05/06 6:43 PM

>てらぱん

えーーー!
マジっすか?
でも、そういうものかも、ですね。
靴屋 | 2009/05/06 6:56 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/218275
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link