かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 生きてます。 | main | あどけない話 >>

別れ

怖い夢を見たのは8月の初めごろ。
お盆の時に元気そうな姿を見て、安心したばかりなのに。


お別れの場で、
「子どもたちが全部所帯を持って、長男のトゥジ(妻)もシマに慣れてきて、長男夫婦は一緒にご飯を食べに来てくれる。自分は兄弟の中で一番幸せ」と、あんたの事を言っていたよと、
本当に会う人ごと声を掛けられて。

「長男のトゥジの両親が、また3月に遊びに来るといって、本当に楽しみにしていたよ」

うちの両親、弟も楽しみにしていましたよ。
昨年、みんな一緒にカケロマに行った時にも、全力で遊んでくれて、
島に来てほんのわずかな時間だけど、
たくさんたくさん、



お義父さん。




あたしは幸せ者です。



「兄弟仲良く
おふくろをよろしく」


これからは、お義父さんのかわりに
家を守っていくつもりです。
出来の悪い嫁ですが、なんとかやってみます。
どうか見守ってやって下さい。


今のお仕事からは、リタイアすることになると思います。
もちろん、あたしでできる事があれば、
この後も少しずつ関わっていくでしょうけれど。

初めて、旅行で島に来てから4年半。
島の引力は
あたしの何もかもを変えてきました。
抗う術はなかったのかもしれません。
里帰りをした時には、
島での暮らしは、おとぎ話のように思えるのです。


書いた人 靴屋 | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/196323
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link