かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 見えない灰の降る | main | 石 >>

何かできること。

自分が生きていくこと
家族のこと
今やるべきこと
焦り
あきらめ
そんな中でも島の日常はすぎていて
うたいつづけたり
作りつづけたり
楽しさを感じたり


昨年の奄美豪雨災害で
住用の職場周辺が被災しました。
今でも土砂の撤去ができず
復旧ができない場所も残っています。

自宅のある市街地と職場の距離は、車で40分程度。
土砂で隔てられ、
職場の人や、
しごとするようになってから知り合えた
たくさんの人達の安否もわからない状態のとき
市街地の人からかかってくる電話の
あまりの平常さに
正直、苛立ちを感じたこともありました。


今回の東日本の震災でも
やはり島の中で温度差を感じる出来事があって
遠く離れているから仕方ないことではあるけれど


できることは人それぞれ。
悩みぬいて、悩みぬいて、
今できることをしていこう。



あたしは横浜で生まれ育ちました
近所のお店で売られている野菜や魚は
ほとんどが東北、関東、中部産のものでした

あたしは福島のひとが
一生懸命はたらいて届けてくれたものも、
きっとたくさん食べています
あのひとたちに、育てられてきたんです

ちくしょう。

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103280468.html




(このひとは 地震のせいで 絶望したのではないよ)
書いた人 靴屋 | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link