かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 奄美 2日目 | main | 奄美 4日目 >>

奄美 3日目

ダイビング。今日はフードを貸してもらったので、水の冷たさも少しマシ。

内容は、水深5mでの水中でのマスク外し、BCD外し、など。マスク外すとまた顔が冷たくて…上がると海風が冷たくて…寒いのはほんとうに嫌い。なんでこんな時期にダイビングしようと思っちゃったんだろう。
窪島さん、仕事とはいえ、おつきあい頂いて本当にスミマセン。

夜ゴハンは、たつやさんのお客さんの、人気ランキング1位の「喜多八」さんへ。




郷土料理おまかせコース。シマの大きなキュウリのサラダ、お刺身の酢みそあえ、豚肉と野菜の炊き合わせ、イカスミ汁、おにぎり、など。
炊き合わせは、大きな里芋と、芋茎の「ずいき」、細竹など。
イカスミ汁は、シマではマダ汁といって、これ目当てに喜多八さんに来る人もいるのだとか。
そしておにぎり。おかかごはんを薄焼き卵でくるんである。

全部できたてを出してくれる。沖縄とはまた違う、脂っこくない料理は、薄味ですっごくおいしい。

ここのお酒は「れんと」。口当たりが軽いです。
奄美では、お酒くださいと言えば黒糖焼酎が出てきます。甘い香りがするのに糖度ゼロ。黒糖が原料だと本当はラム酒に分類されるので、昔から作っていた奄美諸島だけでしか、黒糖焼酎の製造は許されていないのだそうです。

たつや旅館に戻ると、昨日まで風邪でダウンしてた、チアキさんのお兄さん、マサキさんが復活してました。昨年末まで、経営はマサキさんの奥さんのヒサコさんで、今の朝食付B&Bスタイルにしたのもヒサコさんなのだそうです。
ヒサコさんは元英語教師。英語に関係する仕事をするため、夫婦で沖縄に移住するのだそうで、宿はチアキさんに引き継ぎ、マサキさんは、「里の曙」の町田酒造を17日で退職。

17日はあたしの誕生日。マサキさんの退職祝?とともに、お祝いしてもらえることになりました。それもイノシシ肉で!ニャー!!!

……4日目に続きます
書いた人 靴屋 | comments(1) | - |




コメント

 ねえねえ、黒ウサギって鳴くの知ってた?
ナキウサギの子孫だって。
ちまき | 2005/05/20 1:39 PM


コメントを投稿する













iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link