かなしゃる島blog

ずっと、奄美大島で暮らしたい
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近のこと

カテゴリー

バックナンバー

Profile

コメントありがとう

最近のトラックバック

QRコード
<< 龍郷町秋名・かかし祭り | main | 台風〜 >>

龍郷から古仁屋へ!シーカヤックマラソン後夜祭


移動移動!
今日、古仁屋では、
シーカヤックマラソンin加計呂麻、っていう、大島海峡をシーカヤックで渡るレースの日。
この日のために毎年各地から大勢の参加者が訪れる、インドアのあたしには果てしなく気が遠くなりそうな体育会系レースかと思っていたんですけど、今年はどうも友人も参加していたらしい!
来年は取材に行きますからねー。

秋名を撤収、
古仁屋港では後夜祭が大々的に行われていて、
カサリンチュのステージに間に合いました。
カサリンチュ、というのは
(ほんとはカサンチュなんだけど、響きがいいから)
笠利の人って意味の2人組。
ボイスパーカッションがすごいかっこいいんですが、
2人それぞれ、ボーカルに雰囲気があって、
とにかく蒸し暑い野外で、
声が流れると、さあーっと涼しい風が吹いたような気持ちになります。
とくに夏に最高!

そして、中孝介くん。
島を拠点にする…と言いつつ、
忙しくて、なかなか戻ってこれないようですが、
新曲を含めてたっぷり唄ってくれました。
島唄のほうがリラックスして唄ってるなあー
最後に六調…
のあとに、何故かまた六調のアンコール。
六調はリズム激しいから、三味線大変らしいですよ。
がんばってたー
「古仁屋の皆さん、
歩いていても、そっとしておいてください」
なんてMCをしていて、いろんな意味で大変そうだなーと思いました。
書いた人 靴屋 | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://iurico.tblog.jp/trackback/103834
トラックバック




iurico_をフォローしましょう
オススメ
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)
SWITCH Vol.20 No.6(JUNE 2002)

故郷での撮影とインタビュー、
シマ唄の解説、
ほかに、大島保克さんの記事も。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐
奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

ガイドブックでは浅すぎ、専門書では難しすぎる奄美。
これは、読みやすくて、しかも知りたいことが詰まってます。

ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔
ムンユスィ―魂のふるさと 奄美の素顔

「ムンユスィ」
自然から学ぶこと、
世代を超えて伝わる智恵、
見えない何かを感じとること…
山川さらさん著。

REALSTEP
REALSTEP

SKA FLAMES。
メンバー2人が奄美出身です。
現在、ヘビーローテーション中。


奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目
奄美まるごと小百科―奄美をもっと楽しむ146項目

奄美に赴任した小学校の先生、蔵満逸司さんの本。2006年4月に鹿児島に戻られましたけど…シマに残してくれたものは大きいです。

奄美食(うまいもの)紀行
奄美食(うまいもの)紀行

蔵満先生の奄美グルメ?本。





サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
かめのための基本食テトラレプトミン220g
Link